秀よし ブログ

秋田で培われた三百二十余年の歴史を受け継ぐ鈴木酒造店の酒造り

酒蔵日記


鈴木酒造店 秀よし 著者画像

十五夜お月様へ収穫の御礼

今日は十五夜。
皆さんのところでは、お月様が見えていますか?
秋田は、残念ながら夕方からぱらぱらと雨が降り出しました。
残念ですが、お供えを準備して厚い雲の向こうのお月様を拝みます。

 結婚して初めてのお月見。お供え支度をしていると、母が酒蔵の裏に生えているススキを取って、空の一升瓶に In! 「えっ!一升瓶に?」と目を丸くした私に「造り酒屋だから ね。」と可愛い母の笑顔。

「子供の頃からずっとこれなのよ」と母は話してくれました。
 我が家では、正月から年末まで代々継承している年中行事の何と多いこと。
その中で、茶色の一升瓶の活躍に笑ってしまいました。
その時々に、道具を仕舞っている蔵へ行き、真っ黒になった箱を出してきます。手間が掛かって大変ですが、行事の殆どには食べることが付いてきます。母が言うには、どの行事も楽しくやりましょうと教えてくれました。

 今の新型コロナウイルス禍で、何かと落ち着かない私たちの生活ですが、自然は何一つ変わること無くゆったりと流れていきます。
廻る季節。自然の営み。圧倒的な存在の宇宙。
私たちは大きな力で守られています。
間もなく稲刈りは終えたら、蔵人達は酒蔵へ入ります。秋田の寒い冬の酒造りが始められることに、お月様へ手を合わせます。『あっ、お月様が見えてきた!』

鈴木酒造店 秀よし 著者画像

この人が書いたブログ一覧はこちら


酒蔵日記一覧はこちら

2020.10.25 (日)

鈴木酒造店 秀よし 著者画像

2020.10.22 (木)

鈴木酒造店 秀よし 著者画像

2020.10.14 (水)

鈴木酒造店 秀よし 著者画像

2020.10.13 (火)

鈴木酒造店 秀よし 著者画像

ページトップへ