秀よし ブログ

秋田で培われた三百二十余年の歴史を受け継ぐ鈴木酒造店の酒造り

酒蔵日記


鈴木酒造店 秀よし 著者画像

寒さの恵み

 皆様、お久しぶりです、ベルガ― ダビットでございます。
最近、春が早く近付いている様子が分かります。高かく積もった雪の固まりがみるみる溶けて来ていますが、かなり長くて寒い冬であったのに間違いありません。

 春を迎えて、秀よしではお酒造りがいよいよ大詰めです。
お米が蒸されるところで蒸気がもくもくと出る様子や、蔵人が朝早くから雪寄せをはじめたり、寒い蔵の中一輪車でお米を運んで走ったりして、元気に頑張っている姿もそろそろ見納めです。

 鈴木家に伝わる古文書によりますと、「季節が変わっていく様子を肌と感性で感じ、機が熟した時に酒を造り始めろ」と書いてあり、それは「四季の変化を感じる心を養うことが大切」だと教えてくれます。

 「秀よし」の酒造りは、伝統的な手法にこだわっているので、冬しかお酒を造りません。しかも、この土地は米と水に恵まれ、気候も低温長期発酵に適しています。人と自然が織りなす発酵の極みをお楽しみ下さい。

鈴木酒造店 秀よし 著者画像

この人が書いたブログ一覧はこちら

2022.03.07 (月)


酒蔵日記一覧はこちら

2022.05.19 (木)

鈴木酒造店 秀よし 社長画像

2022.05.18 (水)

鈴木酒造店 秀よし 社長画像

2022.05.17 (火)

鈴木酒造店 秀よし 社長画像

ページトップへ