秀よし ブログ

秋田で培われた三百二十余年の歴史を受け継ぐ鈴木酒造店の酒造り

酒蔵日記


鈴木酒造店 秀よし 社長画像

酒林

 寒いけど気持ちの良い澄みきった今日の青空。
酒蔵の恒例行事である「杉玉」の付け替えを行いました。
玄関や軒下によく吊られている杉玉は酒蔵の看板です。
近年は、玉状に成型されたものが主流になりましたが、江戸時代には杉の枝をぶら下げるのが酒蔵の看板でありました。この杉玉は「酒林」とも呼ばれます。

 この杉玉は1年間同じものをぶら下げるので、徐々に枯れていきます。
真っ赤に枯れた杉の葉が、秋も更けて寒風吹きすさぶ頃。或る日突然、軒先の杉玉が生き生きとした緑色に付け替えられているのを見つけた街の人は、「新酒が出きたんだ」と知るわけです。

 今年も美味しい新酒が出来ました。
ささ濁り(薄く濁った状態のお酒)の新酒の純米酒が、冷たく喉を潤します。
この時期しか飲めない素敵な味わいをどうかお楽しみください。

鈴木酒造店 秀よし 社長画像

この人が書いたブログ一覧はこちら

2022.05.19 (木)

2022.05.18 (水)


酒蔵日記一覧はこちら

2022.05.19 (木)

鈴木酒造店 秀よし 社長画像

2022.05.18 (水)

鈴木酒造店 秀よし 社長画像

2022.05.17 (火)

鈴木酒造店 秀よし 社長画像

ページトップへ