秀よし ブログ

秋田で培われた三百二十余年の歴史を受け継ぐ鈴木酒造店の酒造り

酒蔵日記


鈴木酒造店 秀よし 社長画像

梅酒の作業2015年仕込み分

梅酒は仕込んでから長いもので7~8年、短いもので4〜5年熟成させます。 今回は2015年に仕込んだ梅酒の梅の実の引き上げです。この大きなタンクに1トン以上仕込むので、梅の実を取り出すだけでも大変な労力になります。この後よく撹拌された梅酒は、しばらく静置して澱が落ちてから、ろ過・ビン詰作業になります。 年々梅酒の人気は高まってきているので、そろそろ増産しなければいけないかなと思ってます。特に海外での人気が上がってきています。海外はリキュールの本場なので、そこで認められる商品になるのは大変でした。特に今の世界は自然農法が大きな流れになっています。ずっと先を見通して商品を開発するというのは大変ですが、やりがいもあります。
鈴木酒造店 秀よし 社長画像


酒蔵日記一覧はこちら

2020.09.08 (火)

鈴木酒造店 秀よし 著者画像

2020.09.04 (金)

鈴木酒造店 秀よし 著者画像

2020.09.03 (木)

鈴木酒造店 秀よし 社長画像

ページトップへ