秀よし ブログ

秋田で培われた三百二十余年の歴史を受け継ぐ鈴木酒造店の酒造り

酒蔵日記


鈴木酒造店 秀よし 社長画像

酒蔵が国の「登録有形文化財」へ

酒蔵が国の「登録有形文化財」へ-1

当酒蔵の主だった建造物七棟が、国の登録有形文化財に登録される見通しとなり、文化審議会が文部科学省に答申しました。 私としては登録されることは大変名誉なことであり、文化財としての価値のある酒蔵で毎日仕事ができることに、誇りを感じて励んで参りたいと思います。 これも偏に、これまで支えてきてくれた、消費者や流通の皆様のおかげであります。 長い歴史の中で、苦しい時に助けてくれた地元の商店の方々、地酒として応援ご愛顧を頂いた地元の皆様に対し、改めまして心より感謝を申し上げます。 酒蔵が国の「登録有形文化財」へ-2

酒蔵観光を本格的に始めて30年。一年中休むこと無く、飛び込みのお客様さえも心からお迎えしました。その覚悟無くして「酒蔵観光」を名乗れないと考えたからです。 社員にはシフト制の出社をお願いしましたが、快く賛同してくれました。未来の酒蔵経営を理解してくれた瞬間だったと思います。その時から、私どもの酒蔵観光は、秋田県有数の観光地である角館・田沢湖地域とより緊密に連携を図り、一体になってお客様の満足度を増していこうと考えました。そして、秋田県全体の酒蔵観光への道標となり、より強力な情報発信をもって地域経済の発展に寄与したいと考えています。 酒蔵が国の「登録有形文化財」へ-3

今では、この酒蔵へ年間一万人のお客様が見学に来られます。 初めて酒蔵を見る方はもちろん、何度も見たことのある方からも、「秀よしの酒蔵見学は面白い」と言ってくれます。その第一の理由は、建物や文物といった沢山の文化財的価値を観たり、伝統的な酒造りを目の当たりにすることができるからだと思います。また、蔵人が生き生きと働く姿や、立ちこめる湯気の迫力や、笑顔で接客する案内人の元気さや、次々に出てくる試飲の種類の多さなど、お客様には全力で楽しんで頂けるよう努力しております。 酒蔵が国の「登録有形文化財」へ-4

これからは、老舗の酒蔵に伝承されてきた「年中行事」を大切に残しつつ、建物の維持・管理・保存に心がけ、貴重な文化財を守って参ります。それと共に、美味しいお酒造りに邁進して参ります。これからも変わらぬご指導ご鞭撻をよろしくお願い申しあげます。 酒蔵が国の「登録有形文化財」へ-5

鈴木酒造店 秀よし 社長画像


酒蔵日記一覧はこちら

2020.09.08 (火)

鈴木酒造店 秀よし 著者画像

2020.09.04 (金)

鈴木酒造店 秀よし 著者画像

2020.09.03 (木)

鈴木酒造店 秀よし 社長画像

ページトップへ