秀よし ブログ

秋田で培われた三百二十余年の歴史を受け継ぐ鈴木酒造店の酒造り

酒蔵日記


鈴木酒造店 秀よし 著者画像

袋吊り

今シーズンも袋吊りの時期が来ました。
原料処理の精米・洗米、私たち蔵人が出来る作業は特に気を使いました。
精米は、約100時間もの時間をかけて40%や35%まで磨きました。
洗米も仕込み水をシャワーに使い、雑味が出ないように洗い流しました。
このようにして出来あがったもろみで袋吊りを行い、お酒が雫のように滴り落ちていきます。
琥珀色の雫が斗壜に溜まっていき、それを口に含み、味・香りを確認したとき、蔵人になって良かったなと思う瞬間です。

鈴木酒造店 秀よし 著者画像

この人が書いたブログ一覧はこちら

2018.03.09 (金)


酒蔵日記一覧はこちら

2018.07.13 (金)

鈴木酒造店 秀よし 著者画像

2018.07.12 (木)

鈴木酒造店 秀よし 著者画像

2018.07.11 (水)

鈴木酒造店 秀よし 著者画像

2018.06.29 (金)

鈴木酒造店 秀よし 著者画像

ページトップへ